NPAジュニア第4期募集案内

[コース10] アジア市民社会ネットワーク(CENA) Part2「今アジアを読む」ータイ、インドネシア、台湾、韓国からの通信 Part2

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 10/08/2022 22:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:アジア市民社会ネットワーク(CENA) Part2「今アジアを読む」ータイ、インドネシア、台湾、韓国からの通信 

概要:アジア市民社会ネットワーク(CENA:Civil Education Network in Asia)とは、元々「NGO大学院」というユニークな市民活動家向けの大学院を持っていた韓国・ ソウル市にある聖公会大学校が、アジアのNGO活動家を対象に2007年に奨学金付きで英語の修士コース(MAINS)を開設、翌年に恵泉女学園大学と相互協力協定を結んだことに始まります。それ以降、韓国、台湾、タイ、インドネシアのいくつかの大学や市民団体も加わり、約10年間、9団体で毎年50名~100名規模のアジア夏季学校を共催してきました。コロナ禍の中、共同学校ができない中、オンライン共同企画をしてきました。新時代アジアピースアカデミー(NPA)が目指している日本とアジアネットワークの拡大を実現していくために、従来の日韓及び沖縄の若者の企画と、CENAのネットワークを共同で繋げる、新時代アジアネットワークを目指していきます。第8期からは、東アジアの各国の今の情勢を読み取り、アジア各国や地域の民主主義課題や市民社会の政治介入の現状を共有し、アジア市民連帯の可能性を分析していきます。基本日本語によるセクションで、アジア各国の講師は英語から日本語の通訳を付けますので、安心して参加できます。東アジアの今を共同で分析していきましょう。

曜日:日曜日 原則隔週
時間:19:00-21:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
コーディネーター:
- 大橋正明(恵泉女学園大学名誉教授)
- 李泳采(恵泉女学園大学)
- 蓑田瑞恵(NPA事務局)
*英語・日本語・韓国語の通訳付き 

◆第1回  岸田政権の情勢分析と2023年の展望

開催日:2022年11月6日(日)19:00-21:00 
講師:上村英明(恵泉女学園大学名誉教授)
概要:参議院選挙と国葬強行の後、岸田政権の現状を分析し、2023年の行方を展望する。
   
◆第2回 台湾の情勢分析と2023年の展望

開催日:2022年11月20日(日)19:00-21:00 
講師:陳信行(台湾・世信大学社会発展研究所)
概要:台湾海峡に対する台湾内部での情勢分析を中心に、2023年の台湾の主な情勢を展望する。

◆第3回 韓国の情勢分析と2023年の展望 -「今」韓国社会で何が起きているのか? 

開催日:2022年12月4日(日)19:00-21:00 
講師:李泳采(恵泉女学園大学)
 10月からユンソクヨル大統領退陣を求めるキャンドルデモが再び起きている中、尹保守政権の現状を分析し、市民社会の対応の戦略や2023年の韓国社会の行方を展望する。

「今」韓国社会で何が起きているのか? 
ユンソクヨル政権の性格を分析する
- 10・29梨泰院惨事と「ユンソクヨル退陣」キャンドルデモの行方

就任6カ月になる10月からユンソクヨル大統領退陣を求めるキャンドルデモが再び起きている中、
10月29日に梨泰院惨事で156名の若い人々が命を失いました。
セウォル号の惨事で朴槿恵大統領の弾劾運動が展開されていたことを考慮すると、
10・29梨泰院惨事事件もユンソクヨル政権には「退陣」や「弾劾」の悪夢を蘇らせているでしょう。
ユンソクヨル保守政権登場以降6カ月の現在、「今」韓国社会で何が起きているのか。
多様な政治行為者の立場から、今の韓国の情勢分析に基づいて、
日韓・南北・米朝・日朝関係の2023何年の行方を展望します。


◆第4回 インドネシアの情勢分析と2023年の展望

開催日:2022年12月11日(日)19:00-21:00 
講師:Irawan Jati(Universitas Islam Indoneshia Dosen)
概要:インドネシアの政治課題を分析し、2023年インドネシアの主な政治情勢を分析する

◆第5回 タイの情勢分析と2023年の展望

開催日:2023年12月18日(日)19:00-21:00 
講師: 齋藤百合子(大東文化大学)*依頼中
概要: タイの国王体制の現状を分析し、2023のタイの市民社会と民主主義運動を展望する。

◆第6回 ラウンドテーブル(座談会)x CENAオンラインスクール - 2023年、東アジアの展望と市民社会の課題

開催日:2023年1月22日(日)19:00-21:00 
講師:上村英明 x 李泳采x 陳信行 x Irawan Jati、その他
概要: 2022年の東アジア情勢を振り返り、2023年東アジアの共同の課題を論じて行く。ウクライナ戦争、ポストコロナ時代の経済状況、市民社会の対応、民主主義課題の現状を中心に、東アジア共同の情勢認識を議論していく。


単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813810