NPAジュニア第4期募集案内

[コース09第5回] ロヒンギャ問題はなぜ解決が難しいのか:ビルマ・ナショナリズムの中の<否定>の論理

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 ロヒンギャ問題はなぜ解決が難しいのか:ビルマ・ナショナリズムの中の<否定>の論理

開催日:2023年1月14日(土)10:00-12:00 
講師:根本敬(上智大学総合グローバル学部教授)
概要:100万人以上のロヒンギャ難民が、バングラデシュ南部の難民キャンプで苦痛の生活を強いられるようになって5年以上がたちます。2021年2月のミャンマー軍事クーデター以降、ますます彼らの故郷帰還の夢は遠のいてしまいました。問題解決を考えるために、この講義ではロヒンギャ問題そのものの歴史的背景をミャンマー側から検証します。特にビルマ・ナショナリズムの中に巣食う「否定の論理」を指摘し、その犠牲者の一つとしてロヒンギャの人々が位置づけられていることを明らかにします。そのうえで、クーデターに抵抗する民主政府派がそうした「否定の論理」を乗り越えることができるのか、その可能性について考えます。