NPAジュニア第4期募集案内

[コース09第3回] 在日ビルマ人コミュニティの形成・多民族の連携(仮)

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第3回 在日ビルマ人コミュニティの形成・多民族の連携(仮)

開催日:2022年12月3日(土)10:00-12:00 
講師:梶村美紀(国立民族学博物館外来研究員)
概要:2021年12月の政府統計によると、日本には約3.7万人のミャンマー(ビルマ)人が在留している。1988年の民主化運動の弾圧によりを離れ日本に来て定住化した人達もあれば、2000年代、政策によりビルマ難民受入れを積極的に行ったことから定住化に至った人達もある。そうした人々の家族形成が進み日本生まれの日本育ちという二世、三世も出てきている。一方で、もともと多民族国家である母国ミャンマー(ビルマ)では少数民族との紛争、差別など、長く恒常的に問題を抱えてきた。そうした環境の中、日本に住む彼らのコミュニティはどのように形成され、そしてどのような特徴・課題を抱えているのか。移民社会としての日本を考える上で重要なひとつの視座を与えてくれた研究者にお話しを伺う。