NPAジュニア第4期募集案内

[コース08] 時事ニュースで読む韓国社会と韓国語Part 8 

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:時事ニュースで読む韓国社会と韓国 Part8

コース概要:本コースは、韓国の時事ニュースなどを通して韓国語を学ぶ講座です。毎回2分ほどのニュースなどの素材を取り上げ、関連する韓国語表現を学び、聞き取り練習、対訳を行います。さらに、そのニュースの背景について理解を深めます。毎回、ハングルテキストの起こしや対訳資料を事前に提供します。 

曜日:火曜日 原則隔週
時間:19:00-21:00
開催方法:オンライン開催・定員20名 
講師:
- 韓興鉄(翻訳家)
コーディネーター:
- 蓑田瑞恵(NPA事務局)

第1回 「全国のど自慢」の国民MC、ソン・へさん95歳で死去

開催日:2022年11月8日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:韓国の長寿番組「全国のど自慢」の司会を34年間努めてきたソン・へさんが、6月に享年95歳で他界しました。軽快なトークで笑いを誘い、老若男女の出演者の歌に合わせてコミカルに踊るなど、番組を盛り上げてきたソン・へさん。第1回は、日曜日のお茶の間を長年楽しませ続けたソン・へさんの他界を伝えたニュースを取り上げます。

第2回BTSの兵役特例措置をめぐる議論の今

開催日:2022年11月22日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:現行法のままでは、今年中の入隊が避けられないメンバーを抱えるBTS。韓国の兵役の特例は「国威宣揚」に貢献した人物を対象に、スポーツや芸術分野で認められていますが、大衆文化はこれまで対象になってきませんでした。BTSの国際的な活躍を機に、兵役の特例を大衆文化にまで広げた方がいいのではとの議論になっていますが、国防部は公正性の観点から否定的です。第2回は、このBTSの兵役問題についての議論を報じたニュースを取り上げます。日本ではなじみのない兵役用語などに触れます。

第3回 ジェンダー平等に対する意識調査、その結果は?

開催日:2022年12月6日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:『世界ジェンダーギャップレポート2022』で韓国は世界146カ国中99位に位置し、依然としてジェンダーギャップが大きい状況にあります。この調査とは別に、韓国政府は5年に1度、ジェンダー平等に関する意識調査を実施しており、4月にその結果が公表されました。家族の生計や育児、ジェンダーギャップなどに対する意識はどう変わったのでしょうか。第3回は、この調査結果を報じたニュースを取り上げます。ジェンダーギャップに関する用語などが多く登場します。

第4回 国家による人権侵害に認定された「兄弟福祉院事件」とは?

開催日:2022年12月20日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:浮浪者の取り締まりを名目に、1975年から86年まで計3万8000人が収容された兄弟福祉院。87年にここから集団脱出する事件が起き、兄弟福祉院で行われてきた不法監禁、暴行、虐待などが明らかになりました。それから35年が経過した今年の8月、政府の真実・和解のための過去事整理員会が「兄弟福祉院事件」の調査結果を発表し、657人がこの施設で亡くなったこと、そしてこの事件が国家による人権侵害であることが初めて認定されました。第4回は、この「兄弟福祉院事件」をまとめたニュースを取り上げます。

第5回 梨泰院(イテウォン)に暮らすムスリムの子どもたち

開催日:2023年1月17日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:ソウル龍山区にある梨泰院。イスラム寺院があることから、その周辺にはハラルフードを提供するレストランやハラル食材を販売するお店などが並び、中東や中央アジア、アフリカからの人々が多く暮らしています。第5回は、梨泰院に暮らす外国にルーツがある子どもたちが、安心して集まれる場になっている「バラカ小さな図書館」を取材したMBCのニュース番組を取り上げます。

第6回 釜山を牛耳った迫間房太郎の足跡

開催日:2023年1月24日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:日本の植民地時代、釜山を中心に経済活動を繰り広げた迫間房太郎。1860年に和歌山で生まれ、20歳の年に釜山に渡り事業を成功させた迫間は、釜山や慶尚南道を中心に1300万坪の土地を所有する大地主となります。所有していた農場では小作料をめぐって大々的な争議が相次ぎました。第6回は、釜山ローカルで迫間房太郎に焦点を当てた番組を取り上げます。


単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813808