NPAジュニア第4期募集案内

[コース06] メディアと社会運動Part2 ‐ 金明準と学ぶ「韓国メディアアクティビズム」

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:金明準と学ぶ「韓国メディアアクティビズム」

コース概要:98年放送法を改正して、公共放送KBSに市民参加放送を実現した韓国社会。その第1歩から地方の放送局、民放、ラジオ放送まで市民参加型放送を実現しました。いわゆる「パブリックアクセス権利」を武器に、市民やマイノリティーの映像制作を支援するメディアセンターをソウルを始め全国に設立した。映像メディアセンターで学んだ多くの市民たちが、社会のあらゆる分野で情報発信のメディアアクティビストとして活躍している。韓国市民社会の社会改革や抵抗の力はどこから生まれているだろうか。韓国民主主義の原動力は何によって維持されているだろうか。Medi ACTを設立し、韓国メディアアクティビズムをリードしてきた金明準(きむみょんじゅん)さんをお招きして、韓国メディア運動の歴史と現状を学び、日韓及び東アジアのメディアアクティビズムの連帯を目指していく。
 講座の主な内容は、メディア運動に関する概念、視点、歴史の見直しから メディア運動の主な分野に関連する国際的な成果や課題などを整理し、 現時点でのメディア運動課題を国際的視野に基づいて具体的に把握していく。
 特に、メディア領域の中で独立メディア運動領域を中心に置き、映画/放送などのレガシーメディアからオンラインプラットフォームなど大衆化されたニューメディア関連の実践戦略、そして、XR、インタラクティブコンテンツ、ビッグテック全般 への対応戦略も模索する。
今回の講座は今度の連続講座のための全体入門編として位置付けている。


曜日:月曜日 原則隔週
時間:19:00~21:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
講師:金明準(韓国映像メディアセンターMedi Act 所長)

金明準プロフィール
ソウル大学卒業。韓国映像メディアセンターMEDI ACT所長、聖公会大学講師。1987年の民主化の後、韓国ではさまざまな社会運動が活性化した。当時、労働運動の分野にビデオを持ち込み、オーガナイズや宣伝の新しいスタイルを提示した「労働ニュース制作団」を率いた。また、諸外国の先進的なメディア・アクティビズムの事例を韓国に紹介し、メディア・アクティビストの養成に尽力した。「レイバーネット日本」の設立にも貢献した。メディア・アクティビズムに関する豊富な経験から、韓国だけでなく国際的な視野でメディア・アクティビズムを展開している代表的な韓国のメディア・アクティビスト
-
コーディネーター:
- 李泳采(恵泉女学園大学)
- 安田幸弘(レイバーネット日本)

第1回 メディア運動とは何かーその概念、視点、歴史のレビュー(1)

開催日:2022年11月7日(月)19:00-21:00 
講師:金明準(韓国映像メディアセンターMedi Act 所長)
概要:- 自己紹介&各人の問題意識を共有
- メディア運動、特に独立メディア運動の方向を模索するために必要な基本的な概念を整理する。主流メディア中心の政策的・理論的論理が持つ限界を乗り越えて、オルタナティブ社会、メディアシステムを指向する運動が把握すべき概念と、メディア融合の時代に新たな変化を反映する新しい概念を考えてみる。

・コミュニケーション/メディア/メディア関連概念/フローチャート
・ メディアを取り巻く力学関係及びメディア及び関連主体の様々な規定
・ 民主主義の拡大、権利拡大の文脈で見る区分領域
・ 融合時代のメディア区分及び規制モデル


第2回 メディア運動とは何か - その意味と歴史(2)

開催日:2022年11月21日(月)19:00-21:00 
講師:金明準(韓国映像メディアセンターMedi Act 所長)
概要:メディア運動の歴史的流れを把握し、各時期別のフレームとモデルを韓国および国際的経験に基づいて整理する。 また、様々な運動の変化発展過程のなかで、将来のメディアの志向、発展方向について合意された国内、国際的運動の立場を把握し、現時点で必要な包括的見通しのメディア運動とその戦略的な構成を考察していく。

・メディア運動の歴史
・韓国及び国際的な流れ
・グローバル的な合意と市民社会の模索
・政治政党、社会運動などの目標
・韓国市民社会と日本社会の現状とは?

第3回 専門的独立映像運動(1)ー放送及び映画を中心に

開催日:2022年12月5日(月)19:00-21:00 
講師:金明準(韓国映像メディアセンターMedi Act 所長)
概要: 20世紀半ば以降、世界各国では独立的な制作主体らによる多様な映像運動が登場して発展してきた。主に上映運動を中心に始まった一連の運動はその後、独立制作主体の共通の目標を共有するネットワーク運動として発展する一方、映画領域での独立映画の拡大に繋がった。一部の国では放送領域での独立制作コミッショニング構造と独自的な放送コンテンツを誕生させた。このようなレガシーメディアにおける独立制作領域の主な成果とその限界を把握しながら、特に韓国と日本の状況の比較を通じて、依然として残っているメディア運動の課題を確認し、その克服の戦略を模索する。

・独立映画またはオルタナティブ/多様な進歩的映像運動
・オルタナティブ映像コンテンツ: 韓国の状況と日本との比較
・独立映画: 歴史/多様な概念・領域/独自性、アイデンティティ、差別性/ 配給/流通/impact
  資金/政策枠組み/審議/リソース(団体、協会、ネットワーク、映画祭など)/その他(知財権等)

第4回 専門的独立映像運動(2)ーオンラインプラットフォームのための二重戦略を中心に

開催日:2022年12月19日(月)19:00-21:00 
講師:金明準(韓国映像メディアセンターMedi Act 所長)
概要:YouTubeとNetflixに代表される開放型(参加基盤)、閉鎖型(編成基盤)オンラインプラットフォームの登場は、独立メディア運動に新たな機会を提供するとともに、新たな挑戦課題を与えた。コンテンツ制作の戦略が革新されなければならず、オンラインプラットフォーム全体のメディアエコシステムと独立メディアへの貢献、自発的支援/税金と資金の提供などに関する戦略が設定されなければならない。独立メディアのための独自のストリーミングプラットフォーム戦略と実践のレビューを通じて、新しい戦略の構成を模索する。

・OTT/オンライン/ストリーミングの拡大による視聴覚メディアエコシステムの革新
・主流プラットフォームへの対応と独立メディアの独自ストリーミングプラットフォーム
・政治キャンペーンとオンラインコンテンツ
・支援プログラムの状況と模索

第5回 市民参加メディア運動ーコミュニティメディア/パブリックアクセス運動/共同体ラジオ

開催日:2023年1月16日(月)19:00-21:00 
講師:金明準(韓国映像メディアセンターMedi Act 所長)
概要:融合的参加メディアとして韓国の地域共同体メディアを中心に、 商業メディア、公営メディアとともにメディア領域の主要軸として位置づけていくコミュニティメディアに関連した全体的な政策、理論、実践のフレームを見てみる。 映像運動の市民参加構造としてよく言及されるパルリックアクセステレビ、そして共同体ラジオに代表されるが、必ずしも小出力でその見通しを制限する必要はないラジオ運動などを紹介する。最近10年間、多様なメディア領域を開拓してきた韓国的モデルは、早い スピードで発展をしているが、新たな危機を経験している地域共同体メディアの現状を検討する。

・直接参加メディアの分類・名称
・コミュニティメディア
・パブリックアクセス
・コミュニティラジオ
・地域(村)共同体メディア


第6回 独立メディア運動のインフラ及びニューメディア時代への展望

開催日:2023年1月23日(月)19:00-21:00 
講師:金明準(韓国映像メディアセンターMedi Act 所長)
概要:独立メディア中心のメディア運動を強化するためのインフラとしてのメディアセンターと独立チャンネルイシューをみていく。特に、韓国メディアセンター「Medi Act」の活動内容、その成果を再検討し、日韓共同のメディアセンター運動の可能性を模索する。さらにインターネットや現在進行中のニューメディア環境を把握し、メディア運動のこれからの課題と展望を行う。

・インフラとしてのメディアセンター、独立メディアプラットフォーム
・韓国メディアセンター「Medi Act」の経験
・グローバル的に行われている包括的なビッグテックへの対応戦略
・AI(人工知能)とSynthetic mediaの状況
・メタバースなどニューメディアへの戦略


単発受講のお申し込みはこちら
https://apply.npa-asia.net/categories/2813806