第9期受講生ブログ

[コース08] 時事ニュースで読む韓国社会と韓国語Part 9 

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 02/01/2023 06:00 to 06/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:時事ニュースで読む韓国社会と韓国

コース概要:本コースは、韓国の時事ニュースなどを通して韓国語を学ぶ講座です。毎回2分ほどの、さまざまな分野のニュース素材を取り上げ、関連する韓国語表現を学び、聞き取り練習、対訳を行います。さらに、そのニュースの背景について理解を深めます。毎回、ハングルテキストの起こしや対訳資料を事前に提供します。 

曜日:火曜日 原則隔週
時間:19:00-21:00
開催方法:オンライン開催・定員20名 
講師:
- 韓興鉄(翻訳家)
コーディネーター:
- 蓑田瑞恵(NPA事務局)

◆第1回 2歳若返ることも…6月から年齢が満年齢に統一

開催日:2023年3月14日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:韓国ではこれまで日常的に「数え年」がよく使われてきましたが、2023年6月からは満年齢を使うことになります。数え年は、生まれた時点で1歳、1月1日が訪れるとさらに1歳 が増えるので、時に満年齢と2歳の差が生じることもありました。兵役の場合は、現在の年から生まれた年を引く「연나이(年年齢)」が行政サービスでは満年齢が適用されるなど、混乱がありました。第1回は、この今年から満年齢に統一されることを報じたニュースを取り上げます。

◆第2回『こびとが打ち上げた小さなボール』の作家、趙世熙氏亡くなる

開催日:2023年3月28日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:1970年代、再開発の波に追いやられた都会貧民層の怒りと悲しみを描いた『こびとが打ち上げた小さなボール』(日本語版は、斎藤麻理子訳、河出書房新社)。1978年に出版され、一時禁書にもなっていたにもかかわらず、320刷を重ね「国民小説」とも呼ばれたこの作品の作家、趙世熙さんが、昨年12月、享年80歳で亡くなりました。第2回は、故人の過去のインタビューを交え報じたニュースを取り上げます。

◆第3回 ソウルのマンション、金利上昇でウォルセ(月貰)の割合が40%に

開催日:2023年4月11日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:韓国独自の賃貸システムと言われているチョンセ。住宅価格の5〜8割ほどの保証金をオーナーに預ける代わりに毎月の家賃は発生しません。しかし、昨年、貸付金利が急騰したことで保証金を銀行から借りるより毎月の家賃を支払う方が負担が軽いことや、退去時に保証金がオーナーから返されないケースが相次いだことから、ウョルセ(月貰)への転換が進んでいます。第3回は、韓国の賃貸住宅市場における変化を報じたニュースを取り上げます。

◆第4回 3年ぶりに開催されたLGBTQ+のためのクィア・フェスティバル

開催日:2023年4月25日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:昨年7月、3年ぶりにソウル広場で開催されたクィア・カルチャー・フェスティバル。主催者発表で13万5千人が集った韓国最大規模の性的少数者の祝祭です。当事者であり韓国に赴任したばかりの米国大使が支持スピーチを行ったことも話題になりました。一方、バリケードを挟んで一部キリスト教団体を主軸とした対抗集会が激しく行われました。第4回は、このクィア・フェスティバルを報じたニュースを取り上げます。

◆第5回 外国人人口の割合がもっとも高い忠清北道陰城(ウムソン)郡の現状と課題

開催日:2023年5月9日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:韓国では人口減少や急激な高齢化、労働者不足を解決するための一手段として、移民庁の新設や熟練外国人労働者の滞在期間を大幅に延長することが検討されています。そんな中、韓国でもっとも外国人人口の割合が高い自治体である陰城郡(22年11月、14.7%)では、外国人住民と韓国人住民が地域でどう共生しているのでしょうか。第5回は、その現状と課題を取材したニュースを取り上げます。

◆第6回 豊漁や村の安寧を祈る東海岸別神クッのいま

開催日:2023年5月23日(火)19:00-21:00 
講師:韓興鉄(翻訳家)
概要:南は釜山から北は江原道(カンウォンド)高城(コソン)まで、韓国の東海岸の村々で定期的に開かれてきた東海岸別神クッ(巫祭)。世襲のムーダン(巫堂、シャーマン)が豊漁や村の安寧を祈る儀式で、1985年には無形文化財に指定されています。ムーダンと、打楽器やテピョンソ(チャルメラ)で構成される楽士、祭主をはじめとする地元の住民が織りなす儀式は数日にわたって行われます。後継者不足やクッに対する関心が薄れるなか、東海岸別神クッはどうなっていくのでしょうか。第6回は、東海岸別神クッの様子を取材したニュースを取り上げます。

単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813808