NPA受講生ブログ

[コース17第4回] 旧陸軍士官学校52期生に見る戦争と戦後

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/07/2023 06:00 to 02/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 旧陸軍士官学校52期生に見る戦争と戦後

開催日:2023年12月20日(水)19:00-21:00 
講師:山岡幹郎(写真家/NPAコーディネーター)
概要:父の書棚に遺された本に『防人の譜』があります。父もその一人である旧陸軍士官学校52期生たちが、1979年に刊行した本です。彼ら52期生は十代後半の1936年に士官学校に入校し、翌年から始まるアジア太平洋戦争の最前線の指揮官として養成されます。1945年、軍隊の階級を少佐で終えた彼らは山縣さんの定義では「旧軍エリート」の最下部に位置します。少し議論を先取りすれば、636名いた52期の卒業生は216名を戦争で亡くしています。三人に一人の割合です。それがこの集団の結束の核心を形成することになります。その「同期生」意識は彼らの戦後をも支えたように見えます。死を絆とする集団。それが彼らに対する私のなかのイメージです。『防人の譜』を手がかりに、そのことの意味を本コースの「帝国陸海軍の戦後史」の議論に絡めながら考えます。


[コース17] 内海愛子と「戦争責任」「戦後責任」を考えるPart9
コースお申込みはこちらから↓
https://apply.npa-asia.net/items/78812231

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!お申込みしていただいた後、事務局よりアーカイブ録画を1カ月期限でご案内いたします。(お申込み期限2024年1月28日)
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥