NPA受講生ブログ

[コース03] 知らなかった! OKINAWA と先住民の世界 with ひでぽん Part12 - 沖縄・琉球から学ぶ「先住民族の国際NGO活動史」- 宜野湾ちゅら水会CEDAW参加をめざして

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 06/08/2024 06:00 to 10/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:沖縄・琉球から学ぶ「先住民族の国際NGO活動史」- 宜野湾ちゅら水会CEDAW参加をめざして

コース概要:1996年に先住民族として琉球・沖縄から国連に働きかけをするようになってやがて四半世紀を迎えます。世界的に先住民族の地位・権利の向上が叫ばれる中で、相変わらず日本では先住民族はないがしろにされ、その存在すら十分に認識されていません。なぜ、琉球・沖縄の人々は国連に訴えにいくのか?先住民族としての権利や課題とは?琉球・沖縄が先住民族だとしたら、どのように問題解決が可能になるのでしょうか?
上村英明氏(ひでぽんしんしー)をはじめ、琉球・沖縄やアイヌなどの国連活動に取り組んできた実践家を講師に迎えてお話をききます。また、今年秋にPFAS問題を訴えるために国連女性差別撤廃員会に参加する宜野湾ちゅら水会の動向についてもふれていきます。

曜日:月曜 原則隔週
時間:19:00-21:00 
開催方法:オンライン開催・定員50名

コーディネーター
- 金城リンダ(沖縄ナビゲーター、早稲田大学大学院博士課程)
- まつだかなこ(ボランティアコーディネーター)
- 宜野湾ちゅら水会
- 山城リンダ

◆第1回 核兵器廃絶運動から理解する(仮)

開催日:2024年7月15日(月)19:00-21:00 
講師:レイチェル・クラーク
概要:準備中

◆第2回 国連のシステムを理解する(仮)

開催日:2024年7月29日(月)19:00-21:00 
講師:上村英明(NPA共同代表、市民外交センター共同代表、恵泉女学園大学名誉教授)
概要:準備中

◆第3回 先住民族の権利を理解する~EMRIPに参加したアイヌ・琉球民族からの報告~(仮)

開催日:2024年8月12日(月)19:00-21:00 
講師:八重樫志仁(ウラカウンクル).まつだかなこ
概要:準備中

◆第4回 国連にとって人権とは(仮)

開催日:2024年8月26日(月)19:00-21:00 
講師:金城リンダ(沖縄ナビゲーター)
概要:準備中

◆第5回 琉球民族の国連活動から理解する(仮)

開催日:2024年9月9日(月)19:00-21:00 
講師:親川志奈子さん
概要:準備中

◆第6回 国連女性差別撤廃委員会を通じて得たマイノリティ女性のエンパワメント

開催日:2024年9月23日(月)19:00-21:00
講師: 朴君愛(ぱく くね) さん(アプロ・未来を創造する在日コリアン女性ネットワーク)
概要:大阪で生まれ育った朴君愛さんは、60代後半のコリアン3世の女性。18歳で民族名を名乗り、大学で民族差別撤廃運動に出会って、新たな人生を歩む。しかし在日コリアンでかつ女性であることで被る複合差別を語れる場を得たのはやっとこの20年。2016年の国連女性差別撤廃委員会の日本政府報告書審査では他のマイノリティ女性たちと連帯して自分たちの声を届けた。マイノリティ女性として活動する朴君愛さんの思いと経験を聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

単発受講のお申し込みはこちら
https://apply.npa-asia.net/categories/2813803