NPA受講生ブログ

[コース01第5回] 朝鮮戦争と米軍基地 - 返還基地の後地とその周辺の踏査の記録(その2)- ベトナム戦争期・ミサイル基地・米軍休養施設及び「基地村」など

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 06/08/2024 06:00 to 10/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第5回 朝鮮戦争と米軍基地 - 返還基地の後地とその周辺の踏査の記録(その2)- ベトナム戦争期・ミサイル基地・米軍休養施設及び「基地村」など

開催日:2024年9月2日(月)19:00-21:00 
講師:申サンス(元KATUSA: Korean Augmentation To the United States Army) 
概要:2003年4月、韓米両国は、在韓米軍基地移転に対する合意を行った。その合意に基づいて、2004年から韓国内の米軍基地の大部分は順次閉鎖され、その敷地は韓国政府に返還されるようになった。朝鮮戦争とその後の韓国現代史を論じる際に、欠かせないのが米軍基地の歴史である。2000年代初め、坡州DMZ(非武装地帯)付近の米軍部隊キャンプグリブスでKATUSA戦闘兵として軍服務をした経験に基づいて、軍除隊後も、米軍基地を訪れながら、米軍駐屯の歴史とそれにまつわる地域の実情を本格的に整理した。朝鮮戦争に参戦した米軍の物語、朝鮮戦争以降、戦後復興と「ギブミ・チョコレット」の時代にアメリカから受けた緊急援助の意味、米軍部隊周辺基地村の人々の人生と哀歓を取りまとめた。駐韓米軍基地の歴史と現状から、朝鮮戦争のもう一つの顔を明らかにする。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[コース01] 日本と東アジアPart13
コースお申し込みはこちらから↓