2022/08/02 13:37

この部屋ではNPAに寄せられた受講生からのご感想を紹介します!

コース1 日本と東アジア 1回目 T.Kさん

ウクライナ戦争は日本の満州侵略と重ねて考えられますが、朝鮮戦争とはどうつながるのかと思いながら参加しました。そして休戦に至る過程とその後和平交渉が70年近く中断している事実から、ウクライナの今を考える視点を学ぶことができました。ウクライナの即時停戦を求める和田先生のお考えに共感します。ただドンバスをロシアが占領した時点で休戦に持ち込んだとしても、ドンバスがロシア化され、人々が抑圧されたまま占領が固定化されてしまうのではと危惧していました。それでも和田先生が話されたように、「かってソ連がなくなるとは思えなかったが、崩壊してウクライナが独立した。停戦しプーチンが戦争を終えた後に何が起こるかわからない、ロシア国内でプーチンの責任問題追及が起こるだろうがそれを問えるのはロシア人だけだ、その後ウクライナとの関係も時間をかけてゆっくり再調整していくだろう。」ということに希望をつないでいくしかないと思いました。非常に示唆に富むお話でした。


コース18  誰ひとり取り残さない環境論 1回目 T.T.さん

たいへん興味深い内容だった。そもそも「環境リスク」という言葉の意味を誤解していたわけで、研究者としてお恥ずかしい認識度だったのだが、寺田さんの講義でよく理解することができた。

コース20  韓洪九先生と学ぶ韓国近現代史 3回目 A.Nさん

安倍晋三暗殺事件と重ねて興味をもち、単発で拝聴しました。こういう事件はいつも不可解なところがあります。なかなか聞く機会のない貴重なお話をありがとうございました。まだまだ隠されている部分が沢山あると思いました。

コース21  教育の現場から-今教育のあり方を問う 2回目 T.Kさん

埼玉超勤訴訟から教員の働き方改革を考えるとき、単純に超過勤務手当の支給、超過勤務時間の削減という問題ではなく、公教育のあり方を問うものであることがよくわかりました。教育予算を抑制するために、「給特法」という矛盾だらけの法律を作り、教員の犠牲を強いてきた国の責任を問うところから始めないといけないのだと思いました。まじめな教師ほどつぶれてしなうような教育環境をつくっているのは、教員自身ではなく、教育行政の責任であることを声にしていきたいです。教員が「子どもの最善の利益」のために、子どもたちにどのように働きけるのかを自己選択、自己決定していくことが、自主的にやっていることではなく、労働としてきちんと認められなければならないと思います。


コース22  高橋哲哉の市民哲学セミナー 2回目 クランさん

第6回の小出先生の講座を受講しました。その際小出先生と髙橋先生の対談も拝聴しました。今回髙橋先生の講座は2回目を受講しましたが、ロシア正教とプーチンの強い結びつきや、バイデンが副大統領時代から盛んにウクライナを訪問してウクライナの中立を潰してきた経緯を知り、二男のハンター・バイデンがウクライナ最大の天然ガス会社の社長に収まっていたなどただならぬ関係だった事も初めて知りました。自身がウクライナ出身のゴルバチョフの「ヨーロッパ共通の家」構想というものもあったのにバイデンの、ロシア連邦まで解体したい強い意志が暗躍してついにロシアを動かしてしまった事が分かりました。私はウクライナ侵攻の始まった頃「反米大陸」を読み、同じ事を散々中南米でやってきたアメリカがロシアを「戦争犯罪」で告発などおかしいではないかと思っていましたが、ここまであからさまに仕組まれていたとは驚きました。この講座は次回も受講したいと思いますし、ぜひ第1回の講座も録画配信を受けたいと思います。髙橋先生の資料も前もっていただけるし、講座も大変分かりやすくお話しいただけるのでこれからもよろしくお願い致します。