【NPA】よくあるご質問 ※2021/07/12更新

[コース26第4回] マルコス独裁下のフィリピンへの連帯

¥2,000

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 マルコス独裁下のフィリピンへの連帯

開催日 : 8月 31日(火)
講師 : 大橋成子(元PARC事務局長・ピープルズ・プラン研究所運営委員)
概要 : 1970年代末、大橋成子さんは、武藤一羊さんらが設立したアジア太平洋資料センター(PARC)に参加、引き続きアジアとの連帯運動に取り組む。当時PARCは『AMPO』以外に季刊雑誌『世界から』の刊行を開始し、世界各地からの情報・報告・分析を日本社会に届け、経済侵略の実態を告発した。PARCが関わった地域は多岐にわたるが、フィリピンもその主要な対象の一つだった。大橋さん自身も後にフィリピンへと移住することになるが、ここではその前の時代である1980年代前半までのマルコス独裁下でのフィリピンと日本からの連帯運動について、当時の活動体験を通じて語ってもらう。