NPAジュニア第4期募集案内

[コース18第6回] せっけん運動の化学反応をひも解く- 連帯と変化は、いかにして起こるのか

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 10/05/2022 20:00 to 02/10/2023 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

第6回 せっけん運動の化学反応をひも解く- 連帯と変化は、いかにして起こるのか

開催日:2023年1月10日(火)19:00-21:00 
語り手:石田紀郎(市民環境研究所)
聞き手:村上悟(碧いびわ湖)
概要:1970年代に琵琶湖とその流域で展開された、草の根の「せっけん運動」は、消費者運動にとどまらず、生協、労働組合、婦人会などの連帯、リサイクルせっけんの製造と廃食用油の回収運動、有リン洗剤の販売を規制する条例(通称:琵琶湖条例)の制定など、経済や政治にも大きな影響を及ぼした。
当時、この活動に伴走した科学者たちがいる。そのお一人で、京都大学農学部に勤務しながら「琵琶湖市民大学」「京大農薬ゼミ」「市民環境研究所」などの多彩な活動をされてきた石田紀郎さんにお話を伺う。
聞き手は、琵琶湖のせっけん運動と草の根自治を引き継ぐNPO、碧いびわ湖代表の村上悟。分断と対立が先鋭化しがちなこの時代の中で、人々の連帯や社会の変容をいかに生み出していくか、また、そのために科学が果たせる役割とはなにか、石田さんのお話を伺いながら考える。