NPA受講生ブログ

[コース12第2回] 戦後の歩みから在日のいまを考える② -「在日論」論争の軌跡をたどる― 同胞の<エトノス>/シティズンの<デモス>

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 06/08/2024 06:00 to 10/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第2回 戦後の歩みから在日のいまを考える② -「在日論」論争の軌跡をたどる― 同胞の<エトノス>/シティズンの<デモス>

開催日:2024年8月3日(土)10:00-12:00 ←開催時間にご注意ください!!
講師:文京洙(むんぎょんす/立命館大学名誉教授)
概要:南北朝鮮と日本のはざまにあって、戦後の在日朝鮮人ほど<国民>や<民族>にまつわる強い磁場を生きたマイノリティも少ないかもしれません。在日社会は、そうした磁場から生まれる<民族>の論理と、戦前からの定住に根差す日本社会の<住民>としての論理との間で果てしなく揺れ動いてきました。2回目の講座では、こうした状況を前提に戦後の節目々々で交わされた論争を辿りながらその意味を考えます。

講師プロフィール:専攻は政治学、韓国現代史。主な著書に『済州島現代史ー公共圏の死滅と再生』(新幹社2005)、『在日朝鮮人問題の起源』(クレイン2007)、『済州島四・三事件ー「島(タムナ)のくに」の死と再生の物語』(平凡社2008)『在日朝鮮人 歴史と現在』(共著,岩波書店2015)、『文在寅時代の韓国;弔いの民主主義』(岩波書店2020)など。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[コース12] 在日コリアンと「私」 Part10
:”在日”の存在とは何かー戦後の歩みとワンコリアの想いから考える
https://apply.npa-asia.net/items/86835485