NPA受講生ブログ

[コース10第6回] ミャンマー政治体制の特徴 - ナショナリズムの変遷とクーデター後の社会情勢

¥1,000

* Please remember this item is only sold from 06/08/2024 06:00 to 10/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第6回 ミャンマー政治体制の特徴 - ナショナリズムの変遷とクーデター後の社会情勢

開催日:2024年9月22日(日)19:00-21:00 
講師:蓑田瑞恵(恵泉女学園大学院修了)
概要:1948年の独立から最初のクーデターまでの十数年、またいわゆる民政移管と呼ばれた2011年からの10年、この2つの期間を除けば、半世紀以上という長期に亘って軍事政権がこの国を支配してきた。何がこの国の民主化を阻むのか・・・英国植民地時代、1920年代のナショナリズムの高揚に伴って結成された「我らビルマ人こそビルマの主人」を意味するタキン党は、やがて抵抗運動を展開する独立義勇軍(BIA)へと発展、更にその系譜は現在の「国軍」へとつながっていく。本講座ではミャンマーにおけるナショナリズムの変遷と2021年クーデター後の社会情勢を確認する。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[コース10] アジア市民社会ネットワーク(CENA)の「今アジアを読む」Part7
コース申し込みはこちらから↓