NPA受講生ブログ

[コース10第4回] 台湾の労働運動は新政権にどう向き合うのか - その歴史と現状

¥1,000

* Please remember this item is only sold from 06/08/2024 06:00 to 10/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回 台湾の労働運動は新政権にどう向き合うのか - その歴史と現状

開催日:2024年8月25日(日)19:00-21:00 
講師:陳信行(台湾・世新大学社会発展研究所)
概要:87年民主化以前、台湾の労働運動は体制による弾圧のなかで自律的な労働運動の挫折を経験しています。90年代以降、台湾の労働運動は社会変革の一羽を担いながら多くの変化と成長を成し遂げています。台湾の民主化と産業化、そして中国との経済交流が増えているなか、台湾における労働運動の役割とは何でしょうか。頼清徳新政権の労働政策に対して、労働組合はどういう期待と対応を準備しているのでしょうか。労働運動を専門としてきた台湾の研究者兼労働運動家から、台湾労働運動の歴史と現状、課題に関して語っていただきます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[コース10] アジア市民社会ネットワーク(CENA)の「今アジアを読む」Part7
コース申し込みはこちらから↓