NPA受講生ブログ

[コース01第2回] 朝鮮戦争とジェンダ(2)- 戦後女性経済活動の変化とその議論を中心に

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 06/08/2024 06:00 to 10/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第2回 朝鮮戦争とジェンダ(2)- 戦後女性経済活動の変化とその議論を中心に

開催日:2024年7月22日(月)19:00-21:00 
講師:イイムハ(韓国・聖公会大学)
概要:<解放空間、日常を変えた女性たちの歴史>は、聖公会大学の人文韓国研究教授である歴史学者イ・イムハが十数年にわたって考えを留めて資料を集めて執筆した本だ。彼は5日、短い電話インタビューで「解放空間は韓国の歴史で女性の声が絶頂を成した時期ではないか」とし「女性が自分の主体として出てきて、私の話をして政策を提案し、各種団体を作った。女性主体がどのように積極的に活動したかを一つ一つ名を呼ぶように表わしたかった」と話した。日本の植民地支配が終わった「解放空間」で韓国の女性たちにも、独立への喜び、新しい国造りへ期待、日常生活の変化に対する希望が溢れてきた。実際多くの女性たちが、新政府樹立や、社会活動に参加していた。しかし、解放空間における女性たちには二重的な立場が強いられていたのも現実であった。それは社会参加という要求と、女性が過度の活動をしてはならないという社会的な通念による圧迫であった。解放空間、そして、朝鮮戦争を経験していた韓国の女性たちの闘いは、戦後韓国社会の女性運動へ大きな影響を及ぼしている。植民地時代の独立運動、解放空間、朝鮮戦争の時期まで、韓国女性の役割と、それをめぐる議論を論じていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

[コース01] 日本と東アジアPart13
コースお申し込みはこちらから↓