NPA受講生ブログ

[コース19第3回] ドラマは「タブー」をどう描くか①

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 02/09/2024 06:00 to 06/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第3回 ドラマは「タブー」をどう描くか①【2024.4.12更新】

開催日:2024年4月13日(土)14:00-16:00 
講師:林るみ(朝日新聞記者)
概要:20年前、日本で韓流ブームが爆発したとき、ペ・ヨンジュン出演のドラマ(「初恋」や「若者のひなた」)で、障がい者が日常の光景に登場するのを見た人は少なくないのではないでしょうか。近年、韓国ではドラマ「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」「私たちのブルース」での障害者の描き方が大きな話題になりました。いっぽう日本のドラマでは障がい者をどう描いてきたのでしょうか。山田太一作品から最近の話題作まで、ドラマを中心に、日韓エンタメでの「社会的マイノリティー」としての障がい者の描かれた方とその背景を概観、比較します。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………‥…………………
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………………‥………‥

[コース20] NPAジュニア 平和を創造しよう!-ミライ世代の新たな挑戦Part6
コースお申込みはこちらから↓