NPA受講生ブログ

[コース19] 韓流ドラマから時代精神を読み取るPart9 - 林るみの日韓エンタメ塾

¥9,000

* Please remember this item is only sold from 02/15/2024 06:00 to 06/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

コースタイトル:林るみの日韓エンタメ塾

コース概要:今年は「冬ソナ」が日本で大ブレークして20年。なぜ日本で韓流人気は20年間も続いてきたのか。韓流を初期から、日本のエンタテインメントの現場も30年以上取材してきた講師が、韓流を受容してきた日本の大衆社会、エンタメ界の実相について、取材体験をもとに語ります。今期は韓流だけでなく、重要と考える日本の作品、俳優や監督・脚本家ら作り手についても紹介しつつ、日韓エンタメの歴史と現状の比較を通して、社会と時代精神を具体的に浮き彫りにします。

曜日:土曜日 原則隔週
時間:14:00~16:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
コーディネーター:
- 李泳采(恵泉女学園大学)
- 佐相洋子(翻訳家)

◆第1回 ドラマは歴史をどう描くか①

開催日:2024年3月16日(土)14:00-16:00 
講師:林るみ(朝日新聞記者)
概要:韓流20年、さまざまな韓国の歴史ドラマを見てきた。舞台は古代から朝鮮王朝末期まで多岐にわたりますが、その内容は20年間で大きく変化してきました。韓国のドラマの作り手たちは、歴史ドラマで何を描こうとしてきたのか、取材をもとにふり返ります。いっぽう、日本ではドラマは歴史をどう描いてきたか。日本の人気の時代劇や大河ドラマなどの内容も検証しながら、日本と韓国のドラマの歴史の描き方の違いについて考えます。

◆第2回 ドラマは歴史をどう描くか② 

開催日:2024年3月30日(土)14:00-16:00 
韓流が大ブレークした20年前、「日本には大人が楽しめるドラマがない」という声がよく聞かれました。いつから日本のドラマはそうなったのか。昨秋死去した脚本家山田太一は日本のドラマに大きな影響を与えました。とくに大河ドラマ「獅子の時代」は幕末から明治維新、秩父困民党事件までを描き、知られざる歴史の光と影を描いた作品でした。近年の取材で得た資料や証言、秘話をもとに、ドラマの作り手たちの挑戦を検証、日韓の歴史ドラマづくりの比較を試みます。

◆第3回 ドラマは「タブー」をどう描くか①(予定)

開催日:2024年4月13日(土)14:00-16:00 
講師:林るみ(朝日新聞記者)
概要:20年前にペ・ヨンジュン主演のドラマ「若者のひなた」を見たときに、韓国ドラマで「障がい」をもつ人たちが登場するのに驚いた人も多かったのではないでしょうか。近年では「ウ・ヨンウ弁護士は天才肌」「私たちのブルース」での「障がい」者の描き方が話題になった。いっぽう日本のドラマでは障がい者や高齢者といった社会的「弱者」とされる人びとの問題をどう描いてきたか。山田太一作品から最近のドラマまで、日韓エンタメの「社会的弱者」の描かれた方を比較します(内容が変更する可能性もあります)。

◆第4回 日韓エンタメは「タブー」をどう描くか②(予定)

開催日:2024年4月20日(土)14:00-16:00 
講師:林るみ(朝日新聞記者)
概要:光州民主化闘争、4・3事件……。韓国の映画やドラマは自国の歴史的「タブー」も描いてきました。韓流20年、そうした「タブー」について作り手たちはどのようにのぞんできたのか、改めて、取材で会った作り手たちの姿をふり返ります。いっぽう日本の歴史の「タブー」とは何か。南京大虐殺、関東大震災での朝鮮人虐殺……。こちらも作り手や配給、上映の取材体験をもとに、日韓のエンタメ界の「歴史的タブー」への向き合い方の違い、共通の問題点などを探ります(内容が変更する可能性もあります)。

◆第5回 日韓ドラマづくりの実情(予定)

開催日:2024年4月27日(土)14:00-16:00 
講師:林るみ(朝日新聞記者)
概要:ドラマ「セクシー田中さん」問題の背景には、いまの日本のドラマづくりに横たわる大きな問題があると考えます。原作者、出版社、脚本家、放送局といったドラマの作り手たちが直面してきた問題とは。いっぽう韓国の作り手たちはどうだったか。現場の取材やインタビュー、あるいは、日韓の映像ビジネスに関わってきた経験にもとづいて、日韓エンタメのコンテンツづくりが抱える問題について考えます(内容が変更する可能性もあります)。

◆第6回 日韓エンタメを支える「推し」文化

開催日:2024年5月11日(土)14:00-16:00 
講師:林るみ(朝日新聞記者)
概要:「ヨン様」人気で始まった日本の韓流。日本では「スター主義」が強く、韓流のビジネスもそれによって支えられてきた。日本では作品の内容によってではなく、スター・出演者によって評価されることも多いのが実情であり、その構図は20年間続いてきました。その背景には日本の大衆文化を支えてきた強烈な「推し」(ファン)文化があります。その実態とは。なぜ日本では「推し」文化はこうも強いのか。旧ジャニーズやK-POPのアイドルについて長年、現場の取材してきた体験をもとに、日韓エンタメを支える「推し」文化の現状を考えます(内容が変更する可能性もあります)。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………‥…………………
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………………‥………‥

単発での受講申込みはこちらから
https://apply.npa-asia.net/categories/2813819