NPA受講生ブログ

[コース06 ] 抵抗の芸術と表現・思想の自由 Part10-NPAフォーカス企画! 全4回セット申込み

¥4,000

* Please remember this item is only sold from 02/09/2024 11:00 to 06/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

※こちらはコースではなく、NPAフォーカス企画のうち【抵抗の芸術と表現・思想の自由Part10-】の全4回セットの申込みページとなります。開催日をよくご確認の上、お申込みください。

フォーカスタイトル:<出版記念>表現の不自由展からの挑戦〜消されたアートと対話する12のヒント

コース概要:あいちトリエンナーレの展示中止事件から5年。その間、表現の不自由展は日本各地及び韓国、台湾で開催してきました。2022年4月の東京展の無事開催を受け、これまでの経験から得たものを多くの方と共有したいと『表現の不自由展からの挑戦〜消されたアートと対話する12のヒント』を梨の木舎より刊行します。出版を記念して、憲法学者の右崎正博さんを皮切りに、本書編集委員によるトークをお届けします。そして、〈群馬の森朝鮮人追悼碑〉は強制的に撤去されるという暴挙が起きました。出品作家の白川昌生さん、2022年京都・神戸展より参加した韓国の絵本『花ばぁば』作家クォン・ユンドクさんにもお話しいただきます。

曜日:原則土曜日
時間:14:00-16:00
開催方法:オンライン開催・定員50名
コーディネーター
- 岡本有佳(編集者/表現の不自由展・東京共同代表)


◆第1回:平和絵本シーリーズとして『花ばぁば』が出版されなかったワケ(仮)

開催日:2024年4月6日(土)14:00-16:00 
講師:クォン・ユンドク(絵本作家)  *通訳あり
概要:童心社の日・中・韓の絵本作家による「平和絵本シリーズ」(全11冊)の1冊として日本軍「慰安婦」被害者シム・ダリョンさんの証言をもとにしたクォン・ユンドクの絵本のみ、右翼攻撃への恐れを背景に日本語版刊行が断念された。その経緯、出版を実現するまでを中心に自身の作品世界を語っていただきます。

講師プロフィール:1960年、韓国京畿道烏山生まれ。ソウル女子大学と弘益大学大学院を卒業。80年代後半から安養市で民衆美術家らと市民美術学校を運営したり絵本のグループをつくる。1995年、息子マンヒのためにつくった『マンヒの家』(セーラー出版)で本格的に絵本作家の道へ。韓国の絵本作家第一世代を代表する作家のひとりとなる。その後、中国の山水画と工筆画、韓国で仏画を学び、彼女の特徴である精密な筆づかい、鮮やかな彩色をつくりあげていく。日本で出版されたものに、済州島のわらべ唄をもとにした『しろいはうさぎ』(福音館書店)、『こいぬのうんち』(福音館書店)など。日中韓平和絵本プロジェクトから生まれた『花ハルモニ』は、2010年に韓国で出版、日本では2018年、「ころから」より刊行された。

◆第2回 憲法学者の視点からみた表現の不自由展

開催日:2024年4月20日(土)14:00-16:00
講師:右崎正博(憲法学者)
概要:
① 憲法21条と「公の施設」の設置義務の関係、その憲法的意味
② 地方自治法244条の住民の施設利用の拒否の禁止、不当な差別的取扱いの禁止の意味と射程
③ 「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」中止・再開、2021年「表現の不自由展かんさい」会場予約取消しをめぐる地裁・高裁決定をめぐる法的論点
④ 憲法21条2項の検閲禁止の意味と政治の横やりの検閲禁止違反該当性

講師プロフィール:1946年生まれ、早稲田大学大学院法学研究科博士課程単位取得、獨協大学法学部教授、同大学大学院法務研究科長などを経て、2017年獨協大学名誉教授。主な著作に、『表現の自由の現代的展開』(日本評論社、2022年)など。

◆第3回 ブックトーク『表現の不自由展からの挑戦』(仮)
開催日:2024年5月12日(日)19:00-21:00 
講師:岡本有佳・岩崎貞明・京極紀子・岡本羽衣(表現の不自由展・東京実行委員)
   李春熙 田場暁生(弁護士) 
概要:2022年4月の東京展の無事開催を受け、これまでの経験から得たものを多くの方と共有したいと『表現の不自由展からの挑戦〜消されたアートを守る12のヒント』(仮)を梨の木舎より刊行します。
本書の編集に関わったメンバーで、本を囲んで語り合います。

◆第4回 群馬の森朝鮮人追悼碑の撤去が提示する芸術問題
開催日:2024年5月25日(土)14:00-16:00  
講師:白川昌生(美術作家) 
概要:群馬の森の朝鮮人労働者追悼碑が撤去されました。日本における公共彫刻の歴史を振り返りつつ、撤去を推し進めてきた歴史修正主義者のことなどにも言及しながら考えてみたい。日本における彫刻、公共彫刻の歴史を振り返って考えることは、芸術と政治の深い結びつきを取り出して見せることになると思う。

講師プロフィール:日本の近代問題を扱う作品を作っている美術作家、美術評論家。


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………‥…………………
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………………‥………‥

*単発はこちらより
https://apply.npa-asia.net/categories/2813806