NPA受講生ブログ

[コース13第4回] 「第3者による弁済案」以降の戦後補償運動の現状と課題

¥2,000

* Please remember this item is only sold from 02/09/2024 06:00 to 06/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

◆第4回「第3者による弁済案」以降の戦後補償運動の現状と課題

開催日:2024年4月25日(木)19:00-21:00 
講師:張完翼(法務法人「ヘマル」代表弁護士)
概要:2018年韓国最高裁による強制徴用賠償判決以降、日韓両側の立場が平行線を辿る状況で、結局2023年5月に尹錫悦保守政権が差し引いたカードは「第三者弁済」であった。韓国行政安全部傘下の日帝強制動員被害者支援財団を通じて、韓国政府が賠償金を裁判所に代わりに供託するという形である。 しかし問題は被告(損害賠償主体)でもない第三者(政府)による弁済方式を韓国の裁判所が現在まで全く許可していないという点である。韓国の裁判所が拒否している第三者による弁済案にはどういう問題があるだろうか?昨年12月に相次ぐ韓国最高裁判所による強制徴用判決はどういう意味があるだろうか?韓国政府による第三者による弁済案提示以降の戦後補償運動の現状と課題を説明していく。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………‥…………………
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………………‥………‥

[コース13] 強制連行の現場から戦後補償を考える-Part10
コースお申込みはこちらから↓
https://apply.npa-asia.net/items/78859176