NPA受講生ブログ

[コース09第1回] 【特別企画】朝鮮人シベリア抑留を考える-金孝淳著『朝鮮人シベリア抑留-私は日本軍・人民軍・国軍だった』を訳して

¥1,000

* Please remember this item is only sold from 02/09/2024 06:00 to 06/10/2024 00:00.

*Tax included.

*Shipping fees are free on this item.

I would like to be notified of restocking

Age verification

When it is restocked, we will notify you to the registered e-mail address.

Mail Address

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

I would like to be notified of restocking

Notice of restocking has been accepted.

We've sent an e-mail to you.
If you cannot find the mail, please check your spam folder.
When receiving a notification, you may not be able to receive it due to reasons such as the mail server capacity being exceeded. Please confirm it.

Please allow the domains 「thebase.in」&「npa-asia.net」so that you can receive our e-mail

Report

【特別企画】
朝鮮人シベリア抑留を考える - 金孝淳著『朝鮮人シベリア抑留-私は日本軍・人民軍・国軍だった』を訳して(第1回)

開催日:2024年3月7日(木)19:00-21:00 
講師:渡辺直紀(武蔵大学教授)
概要:1945年シベリア。日帝時代に徴兵され満洲などに送られ、「日本軍」として捕らえられた朝鮮人青年たちは、解放と同時にソ連軍の捕虜となり、シベリアに抑留され、その間に故国は分断された。命からがら38度線を越えて南の故郷に帰った者たちに待ち受けていたのは、生涯に及ぶ過酷で非道な日々だった。反骨のジャーナリスト・金孝淳氏が、東アジアの現代史の空白に迫った渾身のルポルタージュの内容や背景を説明し、同時に本書が提起する問題圏の多様性について言及する。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………‥…………………
*開催日が過ぎてもアーカイブ視聴が可能です!
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥………………‥………‥

[コース9] シベリア抑留Part2-「戦後80年」に向けての課題
コースお申込みはこちらから↓
https://apply.npa-asia.net/items/78859731